ごはんの美味しい季節

你好!
アクアショップ421尾崎です。

食欲の秋。ごはんの美味しい季節ですね。
つやつやふっくらとした新米ごはんは何にも勝るごちそうですよね。(^^)

よりいいっそう美味しく味わう為にすぐに実践できる、炊飯と水にまつわる3つのポイントをご紹介します!

①きれいな水で研ぐ
 乾いたお米は米研ぎで必要な量の半分以上のお水を吸収します。
 もったいないようですが、一度目の洗米においしい水を使うことが、おいしく炊けるポイントです。

②軟水を使う
 ごはんを炊くのにはミネラルたっぷりのお水を使うと美味しそうなイメージですよね。
 実は硬水を使うとミネラル成分がジャマとなりお水を吸いにくいんです!!
 ごはんをふっくら炊くならアクアクララのような軟水だとしっかり吸収できてプルプルのお米になるんです!!

③冷たい水で炊く
 ごはんを食べたときに感じるほのかな甘みはデンプンが糖分に変化したものの様です。
 デンプンが糖分に変わる温度は約80℃で達するまでの時間が長くなればより多くの糖分に変わります。
 炊飯に冷たいお水を使うと80℃になるまでの時間がゆっくりになるため、甘くおいしく炊きあがります!

いかがでしたか実際に私も週末はアクアクララのお水でご飯を炊いています。
いつものご飯がよりおいしく感じられ特別観がでますよ(^^)/

読んでいただきありがとうございました。

2020年10月22日